2013年05月22日

女性性行為の後に出血の原因と対処法

女性性行為の後に出血の原因と対処法

妊娠して間もない時は、予定月経のこバイアグラ100mg*30錠りに少し出血することがあります。良くあることですが、念のためかかりつけの医師に相談するといいでしょう。

性行為のあるに出血が続く場合は?びらんをペニスでこすったために、びらんから出血している。?膣壁のどこかにキズができていて、そこから出血している。のどちらかである場合が考えられます。 また、子宮癌の可能性も完全に否定はできません。 いずれにしてもこのような出血が長引く場合はやはり産婦人科で診察を受けるべきでしょう。

さて、性行為後の出血の中で、最も多いケースと思われるのは子宮膣部びらんから出血した場合でしょう。 このケースでは、ペニスがびらんの部分を機械的に刺激するために起こります。これは病的なものではない場合がほとんどですが、一応念のため病院を受診し、子宮癌の検査を受けておくことをお勧めいたします。

子宮ガン検診の結果で異常がない場合、定期的に子宮癌の検診を受けていて異常なしといわれていた場合には、「びらんから出血した」と言われても何も心配はいりません。

性行為後の膣壁の裂傷による出血という場合も少なからず認められます。膣入口部には処女膜がありこれが裂傷を起こして出血するという場合もありますが、こちらはすぐに止血する場合がほとんどで治療の必要がない場合が多いのに対して、膣壁がペニスにより機械的に刺激を受けて裂傷を招いた場合には、この部分を縫合しないと止血しない場合があり、またこのケースでは出血の量が多くなる傾向がありますので鮮血で量が多いという場合にはただちに病院を受診しましょう。

この他では、子宮頸管ポリープ、たまたま他の原因で性行為後の不正出血を起こしたのと重なった、などの原因が考えられます。いずれの場合にしろ、性行為後の出血の原因をはっきりさせておく必要はあるものと思いますし、また先述のように子宮癌を否定しておくという意味でも子宮癌の検査だけは受けておいた方が良いと思いますので、産婦人科を受診することをお勧めいたします。
posted by 健康 at 14:51| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

媚薬?催淫剤は「ホレ薬」ではありません

媚薬?催淫剤は「ホレ薬」ではありません

媚薬?催淫剤は「ホレ薬」ではありKKK超強力催情水ません。いわゆる「シタクナル効果」として考えた方が良いですSexは男女の距離を最も縮める行為。そういう意味では、セックスレスの夫婦で使用してみるのもいいかもしれませんね。ただ、こうした媚薬や催淫剤のようなものはそれだけに頼るものではありません。

なんていう広告を目にしますが、媚薬?催淫剤を使ったからと言って、もてる男になる!ということはありません。残念ながら…媚薬?催淫剤を使うことで、身体がSexに対する準備をする(催淫効果)と考えた方がいいです。

より効果的なシチュエーション、雰囲気作りといったものが必要になってきます。ちなみに、媚薬?催淫剤の効き目は、人によって見た目でも確認することができます。

?顔が上気した感じに赤らむ
?目が潤む
これは一般的な効き方ですが、アルコールとの併用で効き目が強い人はさらに以下の症状が現れる場合もあります。
?腰が抜けたような状態になり、立ち上がれない
?動作が緩慢になり、呂律が回らなくなる

現在でも媚薬の成分はアマゾンやニューギニアなどでは祭りなどの時の幻覚作用に使用されるものもある位です。媚薬?催淫剤は、医薬品の適用外で規制が難しい商品という事もあり、成分表示もいい加減なモノも多いのも事実です。珠玉混合の商品なので、通販などで実際に購入する際には十分注意が必要です。
posted by 健康 at 14:46| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

媚薬が注目を浴びる

媚薬が注目を浴びる

恋の炎を燃え上がらせてくれる魔法の薬?世香港版蟻力神にある”媚薬効果”を謳うアイテムはどう考えても怪しいのに、「これを使ったら……」と魅せられてしまう自分も確かにいる。そこで、新宿ロフトプラスワンで「媚薬ナイト」という怪しいトークイベントが開催されるという情報を聞きつけ潜入してきました。

具体的には、
女性の腋に存在し、男性の鋤鼻器官に働きかけるマストラテトラエノール
男性の腋に存在し、女性の鋤鼻器官に働きかけるアンドロスタジエノン というモノがあって、

それぞれの鋤鼻器官で感知されたフェロモンは大脳の視床下部を刺激する…ここは本能をつかさどる部分…

するとどうなるか?『本人の知らぬ間に自分の行動や生理機能が操作されてしまう(本能行動)』生理的に血液の循環を高め、性器が充血する、自分でも意識しないうちにSexの準備を身体がしてしまうというもの―いわゆる催淫効果?媚薬効果ですね。

この発表を受けてアメリカの化粧品会社が『フェロモン入媚薬香水』を発売し、アメリカ?ヨーロッパを中心にこのフェロモン媚薬が盛んに宣伝されるようになりました。ただしフェロモン媚薬についてはまだまだ研究段階です。特に今、問題となっているのが…

鋤鼻器官は大人になるにしたがって退化し、媚薬効果が効く人と効かない人がいる、という説もあるので全面的な効果が保障されないこと。成分チェックが難しいため、ヒトフェロモンと言いながらいわゆる「マガイモノ」が数多く出回っていること(5~6千円以下で売られているモノのほとんどは香料のみのモノが多い)。

ある程度の値段(相場的には2万円前後?)がして、しかも催淫?催淫効果が効く人と効かない人がいるというのでは手放しで喜べないようです。もちろん使用にあたっては、催淫効果を最大限に引き出す本人の工夫も必要になってきますが…
posted by 健康 at 14:44| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。